吉田カバンのウンチク。イイものはイイ。

吉田カバンと俺

吉田カバンについて勝手に語ります。

  
何だかそれなりに有名なような吉田カバンですが、俺が初めて買ったのはもう10年も前になります。ついでに言うと最後に買ったのもその時ですつまり1回しか買ってませんつまり語れる程のウンチクはありません。
しかし!
何故買ったかというと適当に先輩の買い物に付き合った時に先輩がやたら勧めるから仕方なく渋々買ったようなもので、それ以来色んな場面に使い倒していて特に思い出や思い入れがある訳でもなく特に大切に使ってる訳でもありませんが未だに潰れたり破れたりどうにかなる気配は全くありません。凄いよ吉田カバン。さすが「一針入魂」。気が付いたら仕事行く時も遊びに行く時も旅行に行く時もこれ持ってます。すっかり愛着涌いてるのでこうなったらもう死ぬまで離さない所存であります。

ちなみに俺の持ってるのはこんなの。ノートパソコンも入るよ
俺の吉田カバン
(この写真と見た感じはほぼ同じだけど完全に同じものかどうかはイマイチ不明)

そもそも何故吉田なのか

何で吉田かって、そんなもの創業者が吉田さんだからに決まってる訳ですが、大体ですね、関西で吉田って言ったら現役時代は「今牛若」と呼ばれた名ショートでその後監督となって阪神タイガースを21年ぶりの優勝に導いた吉田義男というか、もっと関西で言ったら「ヨッサン」(吉田義男の愛称)な訳で、この俺も先輩に勧められた時はえー吉田カバンてドケチっぽくて嫌だなぁと思ったものです。(参考:ヨッサンはドケチで有名)
・・ええ、誰も聞きたくない方向へ話がそれました。

という訳で、
吉田カバンとは・・・
故吉田吉蔵氏が1935年、東京・神田須田町に吉田鞄製作所を創業・設立し、現在も尚数々の名作のシリーズを出しているメーカーです。

と書いてあるのをどこかで見ました。多分本当だと思います。

何故そこそこ人気があるのか


「基本的に日本産」
「『一針入魂』がモットー」
「その質の高さと、海外でも通用するファッション性の評価は高い」
「ブランドネームに驕ることなく、今も変わらぬ技術力の高さと丹念に作られる製品を維持している」
「PORTERの別名で、裏原宿系ブランドの一つとして知られている。カバンだけではなく、財布、バック、リュック、トートなど、数百種類の製品があり、限定商品がプレミア化し、もてはやされている」
「芸能人にも愛用者は多く、またドラマでの小道具として使われた際には、翌日に値段が跳ね上がるなどの現象も生む」
「デザイナーらとのコラボレーションとして、HEAD PORTER、クラチカヨシダ、B印YOSHIDAなどがある」

などなど・・。

・・と、どこかに書いてありました。多分本当だと思います。

それにしてもこんなに評判のいいものだとは知らなかったよ。ありがとう先輩。正直言うとあの時はカバン屋の回し者だと思ってました。

そう言えば最近(だと思う)、吉田カバンの偽者を売ってた逮捕者出てましたね。まさかそんなブランドだったとは!ありがとうせ(ry
Copyright (C) 2011 All Rights Reserved.              近江牛   牛肉が旨い話   国産牛・和牛・銘柄牛   引越し豆知識  トップに戻る